MISSION RESEARCH総合探偵社興信所

関東エリアに複数の支店を持つ総合探偵事務所

「MISSION RESEARCH総合探偵社興信所」は、都内主要都市に複数の事務所を持つ有名な探偵社です。
通称「MR」とも言われているこの探偵社は、過去の調査では5年連続業界ナンバーワンを獲得しており、テレビやメディアでもよくスタッフが専門家として登場しています。

事務所の所在地は東京本社が豊島区池袋にあり、その他では「東京駅前相談室」として中央区八重洲や、「新宿相談室」として新宿区新宿、「品川駅前相談室」として港区港南の品川イーストワンタワーなどです。

横浜駅前や鎌倉市の大船駅、千葉駅前、大宮駅前、仙台市青葉区、八王子駅前など、関東の主要都市に事務所が配置されています。

関西にも支店が数多くあり、大阪と名古屋の都市部に相談窓口が設置されています。

探偵業の場合、どうしても活動範囲が広範囲となってしまうことが多いので、こうした全国にネットワークのある探偵社は非常に大きな強みを持っているのです。

過去の調査項目としては浮気や不倫調査、人探し、結婚前調査、行動(素行)調査、信用調査、身辺調査といったようなものがあります。

調査をするだけでなく、その結果次第で法的措置が必要になる場合にそなえ、客観的な証拠となる物証を集めることも可能です。

実績のある探偵社だからできること

世の中にたくさんの探偵社はありますが、通常探偵業として依頼される事例はトラブルの出発点であることが大半です。

「最近どうも夫・妻が外で誰かと会っているらしい」「婚約中の相手がいるが時々おかしな素振りを見せている」といったような、なんとなく漠然とした疑問が依頼のスタートになっていることが多いためです。

もちろん調査をしてみたところ、全くの潔白であったということも少なくはないのですが、大抵の場合は不倫や浮気、あるいは詐欺犯罪といったことが関連しています。

しかし仮に調査によってそれらが明らかになったとしても、実際に離婚や婚約破棄、提供した金品の返還を迫るためにはきちんとした客観的証拠が必要になります。

証拠は客観的にそれであるという事が分かるものであると共に、合法的な方法により取得したものでなくてはいけません。

そのため小さな探偵事務所の調査では、事実こそ明らかになったものの法的な物証に乏しいがために裁判で不利になってしまった、というような事が起こってしまうのです。

そこで「MR」では、過去の多数の実績からどういった裁判の証拠が効果があるか、ということを詳しく提案してくれます。

特に配偶者の不貞行為の場合、事実関係により慰謝料や養育費の負担が大きく変化するでしょう。
また裁判以外の法的措置となる調停など、事情に応じて便利な解決法を提案してもらうこともできます。