1. >
  2. >
  3. セブン-イレブンのサービス!自転車シェアリングを紹介

セブン-イレブンのサービス!自転車シェアリングを紹介

2018年度中に1000店舗設置

東京や関東近郊で、カーシェアリングや自転車シェアリングが流行っていますね。
特に都内は、電車やバスを利用するよりも、自転車で行ってしまった方が早いほど、地域が密集しています。
よって、自転車シェアリングが始まると、たちまち人気が出ています。

民間や公共機関で、自転車シェアリングを行っている所も多く、時間帯によっては自転車に乗りたかったけどすべて出払っている事態に出くわすといった現象もあります。
便利なのが一目瞭然で分かります。

セブン-イレブンでも自転車のシェアリングサービスを展開しているのを知っていますか。
2017年11月より埼玉県さいたま市での設置を開始し、2018年度中には1000店舗でサービスが始まります。

借りたい場合はまず会員登録をします。
自転車シェアリングシステムで検索するとサイトが出てきます。
現在は関東を中心に自転車を借用・返却できる場所が設置されており、そのシステムがセブンの店舗に設置されるのです。

利用者はスマホやPCから駐輪所「ステーション」を検索し、利用登録をすると、予約から決済まで一連の作業を行えます。
利用登録時にnanaco等のICカードを登録すれば、次回からは操作が短縮されます。

利用時には登録したICカードがあれば、カードをかざしてパスコードを登録すれば、自転車の鍵が開いて早速自転車にのれます。
借りた自転車はどのステーションでも返却できます。
セブン意外のサイクルポートでも返却可能です。

通勤通学はもちろんのこと、気分転換の街乗り、観光にとても便利です。
地方から東京へ遊びに来た方は、地下鉄やJR、私鉄といった複雑な路線図と格闘するよりも、自転車を借りてしまったほうがお安く、気軽に行きたい場所を網羅できそうです。
実際に、観光客にも人気があり、重宝されているシステムです。

利用エリア

2018年9月現在の利用エリアは下記となります。
【東京】
千代田区と中央区、港区と新宿区と文京区と江東区臨海エリア。
渋谷区と品川区さらには大田区です。
【神奈川県】川崎市、横浜市、小田原市。
【千葉県】千葉市、埼玉県はさいたま市と戸田市。
【福岡県】福岡市、【宮城県】は台市です。

利用料金

利用料金は時間貸しや一日単位、月額と利用される都県、市区によって異なります。
東京都の場合は、最初の30分は150円ですが30分ごとに100円追加されていきます。
月額会員は月2000円ですので、每日乗る方はこちらがおすすめです。

神奈川県の県西エリアでは、1日パスとして1000円を払います。
4時間というプランもあり、その場合は4時間で500円です。延長料金は4時間単位で500円です。

料金の詳細はHELLO CYCLINGの公式サイトをご覧ください。