1. >
  2. >
  3. 貸し会議室・レンタルスペースの活用方法
会議室

昨今は都市部を中心に、ちょっとしたイベントに使用できる貸し会議室やレンタルスペースというサービスが増え、注目を集めています。

小規模タイプから大規模タイプまで、さまざなサイズの会場があります。企業だけではなく、個人単位で利用する方も多いようです。ここでは、レンタルを検討している方のために3つの活用方法を紹介します。

説明会やセミナー開催に活用

採用向けの会社説明会や、お客様をお招きするセミナーなどに活用されています。

社内に見合う広さの会議室があればいいのですが、コストを抑えるためにオフィス面積を最小限にしている企業もあるようです。

そのような企業に向いているのが、貸し会議室やレンタルスペースです。希望収容人数に適用している会場をレンタルし、内容に合わせてスクール形式やシアター形式といった、レイアウト変更もできます。プロジェクターやホワイトボードなどの備品もレンタルできるので、資材として購入する必要がありません。

また、セミナーや勉強会のように多くの参加人数を集めたい人でれば、立地の良い場所をレンタルするようにしましょう。会場までアクセスがしやすくなれば、それだけ集客アップに繋がります。

会議室
貸し会議室・レンタルスペースなら【AP貸し会議室】

パーティー会場として活用

懇親会や祝賀パーティーなどは、ホテルの会場でやるイメージをお持ちの方は多いでしょう。ですが、貸し会議室やレンタルスペースでも、室内のテイストや用途に応じてパーティー会場としても活用できます。

何といっても魅力なのは、コスト面です。会場代だけではなく、ケータリングを利用すればホテルよりも費用を抑えられるでしょう。レンタルスペースによってはオプションでケータリングサービスを依頼できるので、会場を探す際に利用条件やオプション内容を確認するのがポイントです。

イベント会場として活用

このほかにも、貸し会議室はトークイベントをしたり、ミニコンサートを開いたりと、施設内容によって幅広く活用できます。

キッチンスペースがある貸し会議室・レンタルスペースであれば、料理教室を開くことも可能です。会場によっては、舞台や緞帳(どんちょう)があったり、ひな壇客席が設けられているなど、本格的な会場もあります。趣味やサークルなど、日頃の成果を披露する場を探している方にもおすすめです。

他にも少人数規模の会場を借りて商談に活用したり、100名以上の会場で株主総会を開催したりと、活用法はたくさんあります。しっかりとした会議室タイプ以外に、ナチュラルテイストのレンタルスペース、カフェスタイル、豪華な会議室など、内装もさまざまあるので、希望に合う会場が見つかるはずです。